インタビュー

インタビュー

インターネット広告代理事業を主力とし、マーケティング課題をワンストップで解決するための様々なサービスを提供する株式会社セプテーニ。
同社のSEO専門部署の設立から携わり、現在はSEOに係わる業務全般を統括している小林様に、そもそもSEOとはどのようなサービスで、今後どう発展していくのか伺いました。

株式会社セプテーニのSEOサービスの特長についてお聞かせ下さい。

セプテーニはSEOの他、WEB制作、マーケティングなど、いろいろな方面からお客様をサポートできるところが特徴です。SEOについて取り組みはじめたのが2006年3月。以後、協力会社との提携などを進め、今のSEOサービスを構築してきました。これまで培った独自のノウハウで競争の激しいビッグワードでの上位表示を得意としております。セプテーニのインターネットサービスの総合力を活かして、お客様の予算・期間・目的に合わせた最適なサービスを御提案させて頂いております。

SEO初心者の方にも分かりやすく解説

SEOについて、簡単にご説明をお願いします。

例えば、転職したい人がYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、「転職」というキーワードで検索した際に、たくさんの転職サイトが表示されます。この時、検索結果の上位に表示されたサイトの方が、転職したい人がクリックしてくれる確率が高いですね。
このように、自分の商材やサービスが、ニーズに合ったキーワードで検索された時に、できるだけ検索結果の上位に表示させるための対策のことをいいます。

「SEO」と「リスティング広告」の違いは何ですか?

検索エンジンでキーワード検索を行うと、結果画面の一番上に「スポンサーサイト」などの項目が出てきます。ここに表示されているのが、「リスティング広告」です。その下の領域(自然検索結果)で上位に表示させるための手法のことを「SEO」と言います。

リスティング広告と自然検索結果では、どちらがクリックされるのでしょうか?

弊社でアンケートを取ったのですが、広告枠をクリックしない人が約60%でした。特に昔からインターネットを使っていて、ネットに詳しい男性の方が、広告枠をクリックしない傾向があります。だからといって、リスティング広告が全く必要ないということではありません。ターゲットとしているユーザーを見極めて、バランスよく「SEO」と「リスティング広告」を利用することがポイントだと思います。

「SEO」対策は、具体的にはどのように進めていけば良いのでしょうか?

SEO対策は、まずキーワード(具体的にどういったキーワードで上位表示させたいのか)を決める所から始まります。次に、検索エンジンからwebサイトの内容を正しく認識してもらえるよう、クローラーが巡回しやすいサイト構造を構築します。更に、検索エンジンから高く評価されるためには充実したコンテンツを運営して「ファン」を増やし、たくさんのサイトからリンクを貼ってもらうことが重要です。

検索エンジンのアルゴリズムが日々変化する中、上位表示を実現し、維持するにはどのように対策すべきかお聞かせ下さい。

土台となる評価基準が大きく変わるという事は今も昔もないので、基本的には正しくwebサイトを作って、きちんとテーマを決めてSEO対策を行っておけば心配ありません。
気を付けないといけないことは、検索エンジンを欺くような、いわゆるSEOスパムをしていたりすると、検索エンジンからペナルティを科せられる場合があることです(検索結果に表示されなくなったり、急激に順位が下がったりします)。あとは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジン側からも、常に情報が提供されているので、アルゴリズムの変更のお知らせなどをウォッチ しながら対策していけば良いかと思います。

SEOの市場動向や費用対効果は?

SEOの市場動向は如何でしょうか?

SEOの市場は、かなり伸びてきていますね。弊社はインターネット広告関連のサービスを総合的に提供しているので、マーケティング担当のお客様とお付き合いがあるのですが、日々、SEOの相談が増えてきています。非常にSEOの市場が広がってきているな、と肌で感じています。

SEOの市場が伸びている理由は何でしょうか?

費用対効果が高い点だと思います。リスティング広告もバナー広告などの純広に比べると費用対効果が高いと言われており、市場が拡大しています。ただ、多くの人が入札することで金額が高騰し、1クリック1000円のキーワードなどもあります。 一方SEO対策は広告ではありませんので、アクセスに比例してコストが増大することはありません。効率よく対策を行なえばコストを抑えて大きなアクセスを狙えるようになっているところが大きな要因だと思います。

SEO対策にはどの程度費用がかかるのでしょうか?

お客様によっては月間数百万の予算をとっている方もいらっしゃいますが、一般的には50万/月くらいが上限だと思います。
SEOといっても手法がいろいろありますが、本来一番正しいのは「きちんとしたwebサイトを作る」という事ですね。Webサイトのテーマを明確にする事と、クローラーという検索エンジンロボットがWebサイト内を巡回していますので、クローラーが巡回しやすい構造を作るというのが一番基本的な事になります。しっかりと土台を作っておけば、それほどコストをかけなくても順位が上がってくるはずなので、順を追って正しいSEO対策を行っていけば、10万~30万/月くらいのコストでも十分ビッグワードでの上位表示が実現できます。

SEO対策の効果が大きい業種などあればお聞かせください。

どこの業種でも効果がありますが、どちらかというと「BtoB」よりは、ユーザーが多い「B toC」の方が適していると言えます。あとは、リスティング広告で予算を大きく使っているところ(人材、教育、不動産、ECサイト)には、それだけ検索のニーズがありますので、SEOのニーズも幅広くあります。

最後にアドバイスを一言

これから「SEO」について検討する方にアドバイスをお願いします。

まずはSEOの書籍を読むなどしてSEOの基本を理解した上で、SEO会社に相談するのが良いと思います。サイトをきちんと造りこむ内部対策中心のSEO会社や、外部からのリンクを集めてくることを中心とするSEO会社など、いろいろなタイプのSEO会社があります。その中から、真摯に対応してくれるなど、御自身が信頼できるSEO会社に依頼することが良いのではないでしょうか。

小林さん、ご丁寧に解説していただき、ありがとうございました!

株式会社セプテーニ 小林範子

小林 範子(コバヤシ ノリコ) 株式会社セプテーニ SEOグループコンサルタントマネージャー

ネット広告代理事業を主力とする株式会社セプテーニで、
SEO事業専任のマネジャーを務める。
コンサルティング営業の業務を通して日々SEOの現場に携わる傍ら、
技術研究や商品開発などSEOにかかわる業務全般を統括している。

・インプレスR&D「Web担当者 現場のノウハウ」にて
 SEMに関する連載記事を執筆。
 (ウェブビジネスの総合実践情報サイト「Web担当者 Forum」にも
  転載されています。)
・デジタルハリウッドの法人向け社員教育サービス「BIZプログラム」にて
  講師を務める。